スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈文(翻刻)作り覚書

写本などの手書き字の釈読のしかたの自分なりの方針です。色々な立場や理念があると思ひますが、学生などの参考になると思ふのでのせます。

・変体仮名は常用の仮名に統一する
 仮名として書かれてゐる以上は仮名で釈する、かつ、仮名の字体の違ひには内容に対する有意的なものがないと考へるのです。たとへば「かきつばた」といふ語が「加支川波多」といふ原字から来る平仮名の字体で書かれてゐるとすると、現行の仮名字体と同じである「か・つ・は」は今の平仮名にし、現行と異なる(すなはち変体仮名)「き・た」は漢字に作り、「か支つは多」のやうに釈するやうな事はよろしくありません。なんで「支・多」だけ漢字で釈するのかと疑問に思ふのですが、恐らくは、釈する人が仮名を見慣れてゐないためにこの字が平仮名であるといふことの認識があまりなく、漢字に見えてしまふのだと思ひます。また仮名字体の中にも漢字に近い形のものがあります。とにかく見た目にまどはされず、仮名文字なのか漢字なのか分別をつけるのが大事だと思ひます。仮名文字ではない万葉仮名や草仮名になるとまた別ですが。ではなぜ字体が違ふのに全部「かきつはた」と現行の平仮名に釈してもいいのかといふと、仮名の字体は、書写した人間の持つ癖やその時の書きぶりなどによつて簡単に書き換はる性質のもので、特にその字体で書くことに、内容に関はる意義はないからです。漢字のとめはねと同じで、意味のない違ひは無視するといふ方針をとります。
 また「八・二・三」といふ原字からくる「は・に・み」の平仮名だけ片仮名で釈して「いろハニほへとあさきゆめミし」みたいな釈し方をする人がありますが、これも昔の用字としては平仮名の一字体であつて、たまたま片仮名に形が似てゐるだけに過ぎないので、片仮名に釈する意味はないと思ひます。
 これらの問題は詰まる所、釈読する人が昔の用字意識に疏く、現代的な目を離れられない所からくるのだと思ひます。

・異体字は当時の用字法に基づいて、統一したり書き分けたりするのが理想
 これも変体仮名と似た話ですが、意味のある使ひ分けのある字は、そのまゝ書き分けを保持しますが、違ふ書き方をしてゐるからといつて読みや意味に違ひを持つてゐないものは統一するのがよろしい。たとへば「未」と「末」では字そのものがちがひますが、「吉」と「𠮷」は、書き分ける意味といふものなしにその時の筆の運びや書き手の気分によつて違ふ書き方をする場合がある。これは書き分けが何らかの違ひを表現しようとしてゐるのではないので統一してよい。活字といふものが統一的なものである以上、字体に余計な分別をなすと、違ひといふのが手書きの時よりも強調されて、読む人に対して何か有意義な差を期待させてしまひますからよした方がよいかと思はれます。
 ですから字体に使ひ分けがあるのかないのかを時代的なことや資料の性質などから吟味しておく必要があります。使ひわけがあるのかないのか判断が難しいときは、姑息的な方針として、個人的には、偏旁そのものがちがふ異体は書き分け、点画の差異に過ぎないものは統一する、のやうな方針を取つてゐます。たとへば「吉・𠮷」は点画の表現差に過ぎないと見て統一。「杯・盃」は「木」と「皿」とで偏旁が違ふので書き分けておく、といふやうなことです。基準が人によつて揺れたりするかもしれないので、凡例なんかで断つておくといいですね。

・原本に書き分けのあつたものを、他者が書写したものは
 たとへば平仮名の「ん」といふ字はもともとは「む」と同じ仮名で、マミムメモのムも撥音のンも古くは「ん」といふ字体を含むムの平仮名で表現してゐたのですが、その用字をしてゐた時代の作品の原本を釈する場合は皆「む」で釈すればよいわけです。しかし、それを「ん」の字体が撥音ン専用になつた時代の人が書写して、撥音ンに当たる所に「ん」の字体も「む」の字体も両方見えるとき、これは「む」と釈するのか「ん」と釈するのか、判断がむづかしい。土佐日記の写本で迷つた所です。


以下の続きは、おまけでわたくしが考へてゐる、釈読の理念といふか、どのやうな態度で臨むのかといふやうな論です。

一、釈文は解釈を含むもの
 人間の脳みそや心を通す限り、人事でも自然でも物事は全て人間の観念の支配を受けてゐると思ひます。たとへばある風景をありのままに見たいとき、どんなに精密なカメラで風景を写しても、カメラといふものを通してゐる時点で写されたものはカメラの性質に左右されますし(性能のよさにはかかはらない)、人間が目で実見したとしても目といふ装置を通してみてゐる時点でもはや一つの解釈です。物に色といふのがあるのも、人間の脳みそが勝手に設定して、認識しやすいやうに作つてゐるだけみたいですね。
 手書きの文字をありのまゝに活字にするといふのも、活字にするといふ時点で既に一つの解釈を通してゐます。
 それに今と昔とでは、文字の規範や見方がちがふので、現代人が活字に直すと、現代の文字規範によつて、古人にはなかつた「巳」「已」の区別を書き分けたり、逆に古人にあつたア行のエとヤ行のエとを統一したりと、さういふこともあります。
 解釈が伴ふにして、では、どのやうな、どの程度の解釈を適用するか、といふのは目的に応じて様々な態度があると思はれます。

二、釈読の目的
 ひとつには
 (イ)紙面を再現する
といふことです。世の中には、その写本の字体の活字をわざわざ作字して、一字一字の形をまねて作つた釈文もありますが、究極的にいへば、摸刻するか、写真さへあればその目的は達成されてしまふわけで、それをわざわざ活字によつて表現するといふのは、現代的にはあまり意味のないことです。そもそも活字といふのは書写における一字一字の個性を殺して同一の字種なら全て同じ形で表現しようといふ所があると思ひますからある意味矛盾があります。そこから考へると、釈読といふ事の目的は、一般的には写真的な意味とはちがふ所にあるやうに思はれます。多いのは
 (ロ)文章の内容を再現する
といふ事にあります。この場合は、「本文に忠実に」とはいひながら、形態をそのまゝまねるのではなく、原作者が言はんとしてゐる事あるいは本文を書写した人がどう解釈して書写したかを吟味した上で、句読をつけたり、原文にはない濁点なんかをつけたりして解釈できる状態にするものです。理屈としては、たとへば仮名文は昔は濁点などつけませんでしたが、それに対して「本文に濁点がないとしても、筆者としてはこゝは濁つて読んでもらふつもりで書いてゐるのだから、そのやうに受け取つて、濁点をつける」といふやうな態度で臨むのでせう。たゞしそこに濁点をつけるのが筆者の意に叶つてゐるのかどうかは問題になる所で、釈した人の「解釈」が強く出てしまつてゐるわけです。ですからこの釈読を資料として用ゐる人にとつては分野によつて、解釈してくれてゐるからありがたいといふ人もゐますし、解釈されてしまつてゐて真に受けられないといふ人も出るわけです。そこで、まう少し解釈から離れて原文に忠実にいくと
 (ハ)文字の表現してゐるものを再現する
といふやうな目的に行くと思ひます。「変体仮名で書かれてゐても異体字で書かれてゐても、実際には筆者にとつては同じ字種を表現してゐるつもりなのだから、同じ字種で釈す。」「清音の読みであらうと濁音の読みであらうと、どこで句読がつけられようと、筆者は文字の上には何も表現してゐないのだから、筆者の意のまゝにする。」といつた具合です。書かれてゐるものが、どこまでの事を表現してゐるのかを見極め、変体仮名など内容に意味のない表現差は無視し、清濁など内容に揺れを与へるものは後から施さないといふやうなことで、言葉にはしづらいのですが、これは、本文に書かれてゐる文字としての内容、すなはち書かれた文字がどんな文字なのかを釈したものである、といふやうにいへませうか。
 (イ)は書かれた「見た目」を重んじ、(ロ)は文章としての「内容」を重んじ、(ハ)は文字の「表現」を重んずる、といふと少し差別がわかりやすいでせうか。なるべく筆者の意に忠実に、文字が表現する所のものを見極めるといふことです。難しいのは、異体字がある時に、意味なく違ふ書き方をしてゐるのか、意味のある書き分けをしてゐるのか、など書かれた物の表記意識について深い洞察が必要になります。たとへば「笑」と「咲」は昔は異体字の関係でしたから、その時代の頃のものには同一字種として処理してかまはないわけです。使ひ分けの生じた後世のものでは、別ける方がいいことになります。ですが、その間の時代、分化が始まるか始まらないかごろのものになると、資料一つ一つ、用字を精査してその上で釈し分けるか否かを定めて凡例などで断わる必要があるやうに思はれます。
 私くしには、国語学や文字の研究をするからといふのもありますが、この(ハ)が最も、書写文献を資料にするのには公正に思はれるので、これを理念としてゐます。畢竟は、釈読といふのは、「活字にする」といふのは表面上の型式にすぎず、本質的には、「書写されたものが、文字によつて何を表現してゐるかを整理し明らかにする」といふ理念のものなのだと考へてゐます。まあ、それは人によるかと思ひます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。