スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢文いはゆる受動の「爲~所~」の構文について

 今回は、久々の漢文法の記事です。「爲~所~」といふ語法についてまとめましました。
 たしか二年前、二度目の二年生だつたと思ひますが、漢文の講読の授業で安井息軒『管子纂詁』の序文を読んでゐて、「晁公武以爲尹知章所託」といふ句に当つて、先生が「晁公武以(おも)ふに尹知章の爲に託せらる」と読んだのを聞いて、私がその読み方はをかしいとつっこんで言ひ争ひになりました。その時の私の論点は「以爲」ならわかるが「以」だけでオモフと読んでいいのか、といふのと、これは受動の文ではなく単純な「~と爲す」といふ文ではないか、といふことでした。その時は先生は、イヤイヤ、ソンナコトハナイネ、みたいな感じで折れてくださらなかつたのですが、翌週は先生の方が、やつぱりそつちの読みのはうが良いやうだ、と訂正して下さいました。
 そんなこんなの中で、「爲~所~」について調べたことがありはしたもののまとめるまでもなかつたのですが、ここ最近、読書中にふと思ひつく所があつて、まとめる気になつたので、そんな事を思ひ出しながら、実際に論証できることをまとめてみました。
 以下、本論。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。