スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『活語新論』井上淑蔭

井上淑蔭(いのうへよしかげ)
文久三年 序
澤田一齋・井上文雄 序
十九丁(広告・奥付除く) ……澤田序二丁・井上序二丁・本文十五丁
電子図書 ……古典籍総合データベースhttp://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ho02/ho02_00453/index.html

活語とは、活用する語つまり用言。今いふ活用語を活語といつた。
これは、本居宣長・本居春庭・義門の流れに築かれた活用研究に対する批判の書である。その批判の内容は、語学において格(言語法則)を設けることについてである。
用言の活用研究の基本は分類することである。本居宣長は、係結びを考へ、辞によって結びの形が今いふ終止形・連体形・已然形の三つに、法則的に決まることを明かにし、その辞と結びとの一定の関係を整理した。本居春庭は、およそ用言は四種の活用(四段・中二段・下二段・上一段)に分類されるとし、これを正格として、またその例に漏れる変格といふものを考へた。しかし、学者はこのやうな分類によつて「正格」「変格」を定めることで、古代の文章さへも、学者が後から設けたに過ぎない「正格」といふ名目に押しこめようとし、その正格に当てはまらないものを、文法的な「異例」「誤り」といふ事に決めつけるやうになつた。著者は、ここから問題を発する。

以下、梗概及び解説。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。