スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『詞八衢』本居春庭

詞八衢(ことばのやちまた)
本居春庭 著。文化三年序。上下二冊。

原著に加へて、清水浜臣・岡本保孝が標註を入れ、加部嚴夫の校正した明治十三年の『増補標註詞八衢』とさらにそれを大和田建樹が再訂した明治二十七年の第二版がある。他にも多くの末書があるが、折があれば触れたい。

言葉の活用といふものの研究を大成した書物。近世の活語(活用語)研究の基礎となつたものである。
本居春庭は本居宣長の実子であるが、はじめに、宣長の手稿『御国詞活用抄』(みくにことばかつようせう)による活語研究があつた。この宣長の活語研究は、学派の中で受けつがれて鈴木朖の『活語断続譜』(かつごきれつゞきのふ)や春庭の『詞八衢』を生んだのであつた。その両者で八衢の方が受け入れられたのは、ひとつに流通の事情といふのがある。鈴木朖の『活語斷續譜』は写本によつて伝はり、江戸末期には柳川春三によつて同じく鈴木朖の語学書『言語四種論』と合冊で『柳園叢書』の第一冊として出版されたが、それも八衢の普及後である。八衢は、刊本として廣くよまれたが、それもたゞ売れたといふだけの理由ではない。活用の分類はよく整理され、その原理は明解に解かれ、実例が綿密に考証されてゐるのであつて研究内容としても他に比べて大に優れてゐるのであつた。近世の活語学の隆盛は殆ど八衢の恩恵をうけて成つたものといふことができるが、そして、今の我々の使ふ文法も八衢流の末に位置してゐるのである。
八衢では、活用の種類を活語の下に受けるテニヲハによつて、四種の活用形に分類してゐる。この四種の活用といふ分類が活用の法則を明解にしたのであつた。それは次の通りである。
 四段の活・一段の活・中二段の活・下二段の活
四段の活(はたらき)は、「飽く」では「あかン・あき・あく・あけ」とはたらく、今我々が学校で学ぶものに照らせば四段活用に等しい。一段の活きは「着る」では「き・きる・きれ」と活く、今の上一段活用。中二段は「起く」では「おき・おく・おくる・おくれ」と活く、今の上二段活用。下二段は「受く」では「うけ・うく・うくる・うくれ」と活く、今の下一段活用。
詞八衢四種活用圖(八衢の四種の活用の図)

また、「變格の活」と呼び、「來(くる)」「爲(する)」「往(いぬる)・死(しぬる)」を挙げる。ラ行変格「あり」については、ラ行四段に入れてゐるが、「四段の活の第四の音けせてへめれよりらりるれと活くあり」といふ事について、つまり今の助動詞「り」の活きについて、これを四段のやうではあるが、四段活用とはできない、と活用を分類しかねてゐて、気づきげである(上巻十二ウ)。形容詞の活用についてははつきりとのべてゐないやうである。「蹴る」の下一段は考へられてゐない。
上下冊に亘つて内容の殆どは、各行・各活用について、活用語を挙げて、その語をその活用に分類する根據を出典を挙げて證明することに尽されてゐるが、一語々々に対するその調査の精かさには圧倒される。
八衢自体には、いくつも疑ひや誤りがあるのは免れ得ない。しかし、後人を触発させてその疑ひや誤りを訂正せしめたのも、八衢の学界に対する大きな影響力がさう仕向けたのによるのである。
春庭の語学研究には、これに続いて『詞通路』(ことばのかよひぢ)がある。そして、春庭の研究を受けついでその修訂をし、活語学を大に整理発展させたのが、僧の義門であつた。
春庭の『詞八衢』成立を追つたノンフィクション、足立巻一の『やちまた』は、大変面白くぜひともお薦めしたい。一緒に読めば感慨一層深いものがあるであらう。
足立巻一やちまた(足立巻一『やちまた』)
スポンサーサイト

近況

学校の前期の成績が出ましたが、単位がまづくって、後期にどうあがいても三年生に進級できないみたいになりました。何か裏技といふか、単位取る方法があったら別ですが(^^;)
といふわけで、後期はちょっとは暇が出来ていろいろ面白い更新ができるかなと思ひます。お楽しみに。

国学院の人は、後期から、古典文学の会読をする会を立ち上げるので、学科学年問はず、どうぞ参加してください!物語とか日記とか歌とかを、お茶をしながら読み合はせます。興味ある方は、中山まで連絡ください!
プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。