スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈文(翻刻)作り覚書

写本などの手書き字の釈読のしかたの自分なりの方針です。色々な立場や理念があると思ひますが、学生などの参考になると思ふのでのせます。

・変体仮名は常用の仮名に統一する
 仮名として書かれてゐる以上は仮名で釈する、かつ、仮名の字体の違ひには内容に対する有意的なものがないと考へるのです。たとへば「かきつばた」といふ語が「加支川波多」といふ原字から来る平仮名の字体で書かれてゐるとすると、現行の仮名字体と同じである「か・つ・は」は今の平仮名にし、現行と異なる(すなはち変体仮名)「き・た」は漢字に作り、「か支つは多」のやうに釈するやうな事はよろしくありません。なんで「支・多」だけ漢字で釈するのかと疑問に思ふのですが、恐らくは、釈する人が仮名を見慣れてゐないためにこの字が平仮名であるといふことの認識があまりなく、漢字に見えてしまふのだと思ひます。また仮名字体の中にも漢字に近い形のものがあります。とにかく見た目にまどはされず、仮名文字なのか漢字なのか分別をつけるのが大事だと思ひます。仮名文字ではない万葉仮名や草仮名になるとまた別ですが。ではなぜ字体が違ふのに全部「かきつはた」と現行の平仮名に釈してもいいのかといふと、仮名の字体は、書写した人間の持つ癖やその時の書きぶりなどによつて簡単に書き換はる性質のもので、特にその字体で書くことに、内容に関はる意義はないからです。漢字のとめはねと同じで、意味のない違ひは無視するといふ方針をとります。
 また「八・二・三」といふ原字からくる「は・に・み」の平仮名だけ片仮名で釈して「いろハニほへとあさきゆめミし」みたいな釈し方をする人がありますが、これも昔の用字としては平仮名の一字体であつて、たまたま片仮名に形が似てゐるだけに過ぎないので、片仮名に釈する意味はないと思ひます。
 これらの問題は詰まる所、釈読する人が昔の用字意識に疏く、現代的な目を離れられない所からくるのだと思ひます。

・異体字は当時の用字法に基づいて、統一したり書き分けたりするのが理想
 これも変体仮名と似た話ですが、意味のある使ひ分けのある字は、そのまゝ書き分けを保持しますが、違ふ書き方をしてゐるからといつて読みや意味に違ひを持つてゐないものは統一するのがよろしい。たとへば「未」と「末」では字そのものがちがひますが、「吉」と「𠮷」は、書き分ける意味といふものなしにその時の筆の運びや書き手の気分によつて違ふ書き方をする場合がある。これは書き分けが何らかの違ひを表現しようとしてゐるのではないので統一してよい。活字といふものが統一的なものである以上、字体に余計な分別をなすと、違ひといふのが手書きの時よりも強調されて、読む人に対して何か有意義な差を期待させてしまひますからよした方がよいかと思はれます。
 ですから字体に使ひ分けがあるのかないのかを時代的なことや資料の性質などから吟味しておく必要があります。使ひわけがあるのかないのか判断が難しいときは、姑息的な方針として、個人的には、偏旁そのものがちがふ異体は書き分け、点画の差異に過ぎないものは統一する、のやうな方針を取つてゐます。たとへば「吉・𠮷」は点画の表現差に過ぎないと見て統一。「杯・盃」は「木」と「皿」とで偏旁が違ふので書き分けておく、といふやうなことです。基準が人によつて揺れたりするかもしれないので、凡例なんかで断つておくといいですね。

・原本に書き分けのあつたものを、他者が書写したものは
 たとへば平仮名の「ん」といふ字はもともとは「む」と同じ仮名で、マミムメモのムも撥音のンも古くは「ん」といふ字体を含むムの平仮名で表現してゐたのですが、その用字をしてゐた時代の作品の原本を釈する場合は皆「む」で釈すればよいわけです。しかし、それを「ん」の字体が撥音ン専用になつた時代の人が書写して、撥音ンに当たる所に「ん」の字体も「む」の字体も両方見えるとき、これは「む」と釈するのか「ん」と釈するのか、判断がむづかしい。土佐日記の写本で迷つた所です。


以下の続きは、おまけでわたくしが考へてゐる、釈読の理念といふか、どのやうな態度で臨むのかといふやうな論です。

続きを読む

スポンサーサイト

三矢重松博士著作目録

三矢重松博士の著作目録を國學院雜誌三十七卷三號所載の安田喜代門・安田靜雄共編「三矢博士著作年譜」によつて作成した。但し、『國文學』『みづほ』に公表されたものはここに収録されてゐない。三矢博士の論文は、沒後編簒された著作集三冊『國語の新研究』『國文學の新研究』『文法論と國語學』に殆んど収録されてゐるが、一応、記者自身の便利も兼ねて、こゝに表を作つた。あるいは漏れがあると思ふ。乞御教示。
また、三矢博士について参考になるウェブサイト及博士の著作の電子図書を載せてゐるウェブサイトも知る限り集めた。

参考ウェブサイト

"郷土の先人・先覚45 《三矢 重松》|荘内日報社"
"源氏物語全講会の由来 | 源氏物語全講会 | 日本の古典 | グレート・ブックス | 森永エンゼルカレッジ"
"折口信夫「三矢先生の學風」" <"豚の戰爭"

電子図書

"三矢重松「古事記に於ける特殊なる訓法の研究」: うわづらをblogで"
"三矢重松「宛字」" <"豚の戰爭"
"国立国会図書館デジタルコレクション - 文法論と国語学"

続きを読む

『落窪物語大成』中村秋香

落窪物語大成


中邨秋香 著
明治三十三年序
明治三十四年版と大正十二年版あり(大正十二年版は昭和六十三年復刊あり)
四冊
電子図書: 近代デジタルライブラリー

落窪物語の注釈書。
著者、落窪物語を評して曰く

殊に文章のつよくをゝしくて餘情限りなく、文脈正しくて照應明かに、簡古にして細かに人情を穿てるなど、はるかに他の草紙物がたりにこえて、いとゝゝめでたくいみじきものなるを、いかなれば古くより世にはもてすさめられざりけん。

と、他の作品に比べ、教科書にも採用されず読む人もゐないが、実は他の物語に劣らない、すぐれた作品であるとしてゐる。
この作品の文体の特徴を述べて曰く

源氏物語枕草紙は詞なだらかに姿花やかにしていとうるはしき文なれば、古來世にあまねくもてはやすものなれども、文脈正しく照應細やかにしてつよくをゝしくしかも言外に限りなき意味を含ましめたる上におきては、此物語に超ゆるものあるべからず。云々

文章が整然としてゐて、これを参考すれば作文においても優れて益のあるものとしてゐる。
本文は著者の随意で校訂されてゐて未しくはあるが、注釈の態度としては、初学者向けに俗語訳や傍注を付したり、文に書かれてゐない余意を示したり、また頭注に先行者の説を挙げ著者自身の説も述べなどし、詳しい解釈や例証をも施してゐる。この注釈の特徴は、言外の意や文章の構造を明示に力が入れられてをり、また意味の読み取り難い文においては、俗語訳や大意などが示してある点で、大変読みやすいものになつてゐる。
たゞ、俗語訳は、明治の俗語なので、平成の我々には却つて少し意味がわからない所が多い。しかし、翻つて、そこに着目してみると、当時の俗語やことわざといふのが窺へて、面白い点でもある。

明治三十四年発行の版と、大正十二年発行の版があるが、大正のは明治の版の誤植などが校正されてゐるやうである。
近年では昭和六十三年にパルトス社から一冊にして復刊されたものがあつて、これは大正十二年の版をとつてゐる。

参考:古い文献から:池田亀鑑・落窪物語大成・新潮文学大辞典 - livedoor Blog(ブログ)

落窪物語大成2(版面)

落窪物語大成1(表紙)
プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。