スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢文いはゆる受動の「爲~所~」の構文について

 今回は、久々の漢文法の記事です。「爲~所~」といふ語法についてまとめましました。
 たしか二年前、二度目の二年生だつたと思ひますが、漢文の講読の授業で安井息軒『管子纂詁』の序文を読んでゐて、「晁公武以爲尹知章所託」といふ句に当つて、先生が「晁公武以(おも)ふに尹知章の爲に託せらる」と読んだのを聞いて、私がその読み方はをかしいとつっこんで言ひ争ひになりました。その時の私の論点は「以爲」ならわかるが「以」だけでオモフと読んでいいのか、といふのと、これは受動の文ではなく単純な「~と爲す」といふ文ではないか、といふことでした。その時は先生は、イヤイヤ、ソンナコトハナイネ、みたいな感じで折れてくださらなかつたのですが、翌週は先生の方が、やつぱりそつちの読みのはうが良いやうだ、と訂正して下さいました。
 そんなこんなの中で、「爲~所~」について調べたことがありはしたもののまとめるまでもなかつたのですが、ここ最近、読書中にふと思ひつく所があつて、まとめる気になつたので、そんな事を思ひ出しながら、実際に論証できることをまとめてみました。
 以下、本論。

続きを読む

スポンサーサイト

漢文の使役「使」の用法の覚え書き 附・「所」の用法の一端

 ちよつとした事でも書きつけておけば、誰か見て役に立つかもしれないので記します。これは漢文の使役の「使」の字を「~ヲシテ~セしム」と読むことについて抱いた疑問と、その自分なりの調べ学習の収獲です。結論は、「使」の訓の本意は「シム」の方ではなく「ヲシテ」の方にあるのであらうといふことです。

 説文の序文に訓点を振つてゐたら、次のやうな構文に出食はしてギョッとした。

三曰篆書。卽小篆。秦始皇帝使下杜人程邈所作也。


 これは新時代の書体いはゆる王莽六体の第三の篆書の説明である。小篆を秦始皇が程邈に作らせたといふ話も、程邈が隷書の作者といふ伝説との整合性から問題になるのではあるけれど、今回は述べない。
 問題は「使」と「所」の位置である。普通、日本人の我々は学校の漢文の授業で使役「使」の用法を、「使【甲者】【動作】」で【甲者】に「ヲシテ」を補読して「【甲者】ヲシテ【動作】セ使ム」と読むやうに習ふものだと思ふ。しかしこれには「所」といふ字があるのでそのやうに読むと、

使2下杜人程邈所1v作也。


となり、(訓点は例によつてvが反点、123が一二三点、abcが上中下を表す。)「下杜人程邈ヲシテ作ル所ナラ使ムルナリ」のやうな読みになつてしまふ。

続きを読む

漢文における「也」の用法(一) 附・「矣」「也」辨



○追記
 ・廿六年十一月廿一日 :その他 『顏氏家訓』
 ・同十二月六日 :補遺・その他 「既に述べた事に對して、後から補足的な説明をする「也」の例」
 ・同十二月十日 :補遺・その他 『助辭辨略』


 先に「矣」の語釋をしたので、今度は「也」である。(前記事<漢文における「矣」の用法>)
 「也」には句末の也と句の腹の也と問ひの也との三種あるとするが、こゝでは、句末の也の用法を、例により『太史公助字法』に準じて檢證する。
 また、同時に「矣」との相違についても述べる。

続きを読む

漢文における「矣」の用法

「矣」字と「也」字とは同じく「ナリ」にあたる字とされてゐるが、實際にはやゝ用法が異なる。
この稿では、皆川淇園『太史公助字法』によりながら用例を開することで「矣」字の用法を檢證する。

続きを読む

漢文における副詞「已」の用法 附「已而」の用法

春休み中、仲間内で漢文の会読をして、世説新語を読んでゐて、助字の用法が気になつたので調べてみました。書くところがないので折角なので投稿。

德行第一25

顧榮、在2洛陽1、嘗應2人請1。覺3行v炙人有2欲v炙之色1、因輟v己施v焉。同坐嗤v之。榮曰、豈有b終日執v之、而不v知2其味1者a乎。後遭v亂渡v江、每v經2危急1、常有2一人左右1。已問2其所以1、乃受v炙人也。


この「已問2其所以1」は、日常使ふ「すでに」の感覺でよむと意味が通らない。
漢辞海には、「すでに」と讀む副詞の句法として、意味に二大別あると説明してゐる。確かに、上の文では、「やがて」「ほどなく」または「然後」など言ひ換へても通じる。

副詞として述語の前に置かれ、訓読では「すでニ」と読むが、意味の上から次の(1)(2)の二つに大別される。
(1)行為が以前に完了してしまっていることを表し、「もはや」「もう(とっくにおわっている)」と訳す。例「舟已行矣」訳「舟はとっくに進んでしまった」(呂・察今)
……中略……
(2)行為や事態が間もなく起きたり現れたりすることを表し、「やがて」「ほどなく」と訳す。ただし、現代日本語の「すでに」の意ではないことに注意。例「廃以為侯、已又殺之」訳「(王の称号を)取り上げて侯としたが、ほどなくまた殺してしまった」(史・項羽紀)


しかし、この二つの違ひといふのは何か。句法に違ひがあるのか、それとも文脈上からしてさういふ意味の違ひが生じるに過ぎないか。結論として、副詞「すでに」の用法として、已の字の意味に違ひの無い事を発見した。また、意義の説明自体、的を外してゐるのではないかと思ふ所があつた。以下論考

続きを読む

プロフィール

平 春明

Author:平 春明
住まひは神奈川県鎌倉市。東京の渋谷の丘で国文学の勉強をしてゐる学生、はるあきらです。なにくれと勉強した事や、面白かつた事などをかきつらねていきます!
普段から歴史的仮名遣ひですので、こゝでも歴史的仮名遣ひです。
主に、国文学、国語学、日本数学、その他諸々、気に入つた物を紹介していきたいと思ひます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。